Sponsored Link

家購入

家の購入のための頭金はいくら用意すべき?ゼロでもOK?

投稿日:

Sponsored Link

こんにちは、ゆっこです。

今回は家を買う上で大切なお金の話です!

みなさん、頭金は貯めてますか?

そのお金、払うと損するかもしれませんよ?

マイホームを手に入れるためには、一般的に頭金が必要です。物件価格の一部を頭金として支払うのが一般的ですが、この頭金はいくらぐらい用意すれば良いのでしょう。

または、頭金ゼロでも大丈夫なのでしょうか。

家を購入する時に、頭金をどのくらい用意すれば良いのかと頭を悩ませる人も多いでしょう。

頭金は、物件価格のうち住宅ローンを利用しないで自己資金で支払う金額のことで、当然ながら頭金を支払った残りが住宅ローンの対象となります。

ですから、頭金を多く支払うほどに住宅ローンの返済額も減少し、のちのちの返済もラクになるということです。

しっかり頭金を貯めておけば、それだけ住宅ローンの借入額を減らすことができ、少ない利息でのローン返済も可能です。

家の物件価格は大きな金額となるので利息だけでも高額になりますから、少しでも多くの頭金を用意したいと考えます。

両親に助けてもらったりできれば良いですが、そうでなければ預金をまるまる頭金に当てようと考える人もいるかもしれません。

しかしそれは無理でしょう。

物件価格以外にも手数料や印紙税、引越し費用など諸費用や当面の生活費も必要になってくるので、ある程度の預金も残しておく必要があります。

では、頭金はどのくらい用意するのが一般的なのでしょうか。

通常、頭金は物件価格の1割から2割ほど準備しておくと良いと言われています。

物件価格の2割ほどの頭金が用意出来れば、残りの8割の物件価格を住宅ローンで返済していくことになります。

出来るだけ頭金を多く準備出来るに越したことはありませんが、家の購入では諸費用も多くかかるので頭金が用意できない人もいるでしょう。

頭金なしでも住宅ローンを組めるのか不安ですが、基本的に毎月の返済が滞らなければ頭金なしで組んでも問題はありません。

最近では、頭金ゼロでも家が購入出来るところが増えています。 物件価格の全額を住宅ローンとして貸し出す金融機関が増えており、実際、頭金ゼロで家を購入する人がここ数年で増えています。

ある調査では、およそ2割の人が頭金を準備しないでマイホームを購入していることが分かっています。

自己資金が少なくてもマイホームを手に入れることが出来る時代となったのですが、頭金をゼロにして家を購入することのデメリットも忘れてはいけません。

借入金が増えればそれだけ利息の負担も増えますし、もしも住宅ローンが返済できなくなれば家を手放してさらに高額な借入金だけが残るというケースもあります。

家を購入するためには1割から2割ほどの頭金を用意して、住宅ローン返済の負担を軽くしましょう。

頭金ゼロで家が購入出来るという広告も多く見かけますが、リスクがあることも知っておきましょう。

-家購入

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.