Sponsored Link

家購入

家の購入は年収に合わせた無理のない返済計画を立てる方法

更新日:

Sponsored Link

こんにちは、セリユキコです。

家を購入するなら、年収に合わせて無理のない返済計画を立てる必要があります。

せっかく家を購入しても、家計を圧迫するような返済計画を立ててローンの支払いが滞ってしまっては大変です。

家選びをする上で一番大切になるのが、購入予算です。

年収に合わせて購入出来る物件の価格は違ってきます。

どのくらいの物件を購入出来るのかは、準備出来る頭金と住宅ローン借入額によって決まります。

物件価格のうち購入時に現金で支払うのが頭金で、これを差し引いた残りの物件価格が住宅ローン借入額になります。

住宅ローンの借入額は、借りる人の年収などで制限が設けられています。

毎月の返済額が大きければ家計を圧迫してしまうので、余裕を持った返済計画を立てることが大切です。

 

頭金を少しでも多く支払えば、住宅ローンの返済もラクになるわけですが、だからと言って貯金を全て頭金に支払ってしまってはいけません。

当面の生活費や車の買い替え、万が一の病気などに備えた生活予備費が必要ですし、家を購入する際には手数料や税金などの諸費用もかなりかかります。

よく言われているのが1ヶ月に必要な生活費×6ヶ月+家具などの買い替え費用100万円+税金などの費用分を残すということですね。

これらを差し引いた貯金を頭金に回しましょう。

では、住宅ローンの返済計画はどのようにして立てれば良いのでしょうか。

 

現在の年収から無理のない返済計画を立てる必要があるのですが、一般的に住宅ローンの年間返済額は年収の25%以内であれば安心だと言われています。

年収25%以内のラインで借入額の目安を計算してみると、年収300万円なら借入額の目安が2040万円に、400万円なら借入額の目安は2720万円になります。

35年返済、住宅ローン金利1.5%、ボーナス時加算なしで計算しています。

500万円なら3400万円、600万円なら4080万円となるのですが、さまざまな条件で目安の金額を借りられないケースもあるでしょう。

また、同じ年収でもライフスタイルや家族の人数により返済出来る額も違ってきますから、今の家賃で計算してみる方法もあります。

自分が毎月返済出来る金額、つまり現在の家賃と同じ住宅ローン借入額なら、無理なく支払いが出来るということです。

しかし分譲マンションの場合には、住宅ローンの返済の他に、管理費や駐車場代なども必要になるのでそれをプラスした額が毎月の返済額と思っておきましょう。

今の家賃が7万円なら、2280万円の借入額となり、8万円なら2610万円、9万円なら2940万円の借入額となります。

こちらも同様に35年返済、住宅ローン金利1.5%、ボーナス時加算なしでの条件で計算しています。

このようにして、住宅ローン借入額の目安を把握したら頭金と合計してみましょう。それが購入出来る家の物件価格になります。

返済期間を長くすれば毎月の支払いもラクになるのですが、住宅ローンの返済期間は一般的に最長で35年となっています。

返済中には子供の教育費などで家計も大きく変化しますから、予算を決めると同時に年代別に返済シミュレーションをしておくと安心です。

家を購入する際には、無理のない返済計画を考えることが重要です。

年収や現在の家賃で住宅ローンの借入額の目安が分かるので予算を立てて、返済シミュレーションもしてみましょう。

-家購入

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.