Sponsored Link

住宅ローン

【住宅ローン】家を購入するために利用できるローンの特長と審査のポイント

更新日:

Sponsored Link

こんにちは、ゆっこるです。

今回はローンについて!

マイホームを手に入れるためには、住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンと一口に言ってもさまざまな種類があり、それぞれに特長があります。

自分に最適な住宅ローンを組むために知っておくと良い、ローンの種類や特長、また審査のポイントについて紹介します。

ローンの種類は3つ
●民間融資
●公的融資
●協調融資

家を購入する人の多くが住宅ローンを利用しますが、住宅ローンの種類も豊富でどこが良いのかどこが自分に合っているのか分からないものです。

最適なローンを見つけるためには、まずは事前にしっかり情報収集することが大切です。 金利だけでなく、サービス内容も実にさまざまです。

民間ローンを中心にさまざまな商品がありますが、大きく分けると民間融資と公的融資、協調融資の3つがあります。

住宅ローンで一番に思いつくのが銀行ローンでしょう。
銀行の他に、住宅ローンを専門にした会社や生命保険会社でも住宅ローンを組むことが出来ます。

これらが民間融資になり、各銀行による住宅ローンをメインに条件に応じてさまざまな商品が用意されているのが特長です。

条件を満たせば低金利になったり、web上で全ての手続きを行って手数料などの諸費用を安く抑えることが出来たりと各社によってさまざまな特長があります。

 

都市銀行が扱っている住宅ローンは、規模が大きいだけに消費者のニーズに応じたバラエティ豊富な住宅ローンが用意されています。

ネット銀行や地方銀行の住宅ローンは手数料や金利が比較的安く、それぞれに特長的なサービスが用意されています。

手数料や金利、サービス面でのメリットを考えながら検討すると良いでしょう。

 

自治体などの公的機関の住宅ローンが公的融資です。
身近なものに財形貯蓄を行っている人が借りられるのが財形融資があります。

勤務先で1年以上行っていること、50万円以上の残高があることが財形融資を受けられる条件です。

借入時の金利は1%前後で、財形貯蓄額の10倍まで借り入れることが出来ます。

他に都道府県や市町村独自の融資制度もあり、内容もさまざまです。

一度調べてみると自分に合うものがあるかもしれません。

 

協調融資は民間融資と公的融資の中間にあるもので、借入時の金利に変更がない固定低金利が魅力のフラット35はこの協調融資になります。

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われており、民間金融機関が窓口で各金融機関によって金利は異なります。

 

これらの住宅ローンを利用するためには審査に通らないといけません。

各金融機関ごとに審査ポイントがありますが、完済時の年齢や借入時の年齢、勤続年数や健康状態、年収、担保評価、返済負担率などをチェックしながら審査しています。

完済まで安定的に返済できるのか、また物件の担保価値なども見ながら審査しています。

 

住宅ローンは民間融資と公的融資、協調融資の3つがあり、サービス内容や金利などもそれぞれ特長があります。
自分に合った住宅ローンを選び、無理のない返済計画を立てましょう。

-住宅ローン

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.