Sponsored Link

家購入

欲しい家のイメージが固まったら住宅購入をシミュレーションしよう

更新日:

Sponsored Link

こんにちは、セリユキコです。

今回は家を買う上でのお話!

家を購入する際には、まず欲しい家のイメージを固めることが大切です。

イメージが固まってきたら今度は住宅購入をシミュレーションしてみましょう。

年収や年齢、返済期間などから購入可能額のシミュレーションを行えば、より具体的に購入可能な住宅が見えてきます。

家を購入するならある程度の年収が必要で、自分には無理と思っている人も多いかもしれません。もちろん大きな買い物となる住宅の購入ですから、年収に見合った物件価格があります。

年収が低くマイホームは無理と思っていても、それに応じた家の購入が可能になります。一般的には年収の5倍までの家を購入するのが良いと言われていますから、年収が300万年ほどでも1500万円くらいの家なら購入出来ます。

家を購入するためにこれだけの年収が必要という明確なものはないので、家を購入したいと思ったらまずは欲しい家のイメージを固めてみましょう。また頭金や金利、毎月の返済計画なども入念に立てる必要があります。

年収に応じて無理のない返済プランを立てることが大切で、そこからここまでなら買えそうというラインが見えてきます。家を購入する時に重要になるのが住宅ローンの返済計画で、住宅ローンをシミュレーションすることで具体的な金額がみえてきます。

住宅ローンのシミュレーションは、不動産の公式サイトなどさまざまなサイトでチェック出来ます。年収から計算したり、毎月の返済額や現在の家賃、物件価格など、さまざまな角度からシミュレーションが出来ます。

<% pageTitle %>

世帯年収や頭金、金利や返済期間、他に自動車ローンなどの借入金があればそれも記入して考えれば、住宅の購入可能金額や月々の返済額などが分かります。

一般的に住宅ローンの返済に充てる金額は年収の2割ほどが限度とされていますから、これも考慮したシミュレーション結果が出てきます。

自己資金や援助でどのくらい頭金が用意出来るのか、またどこの住宅ローンを利用して金利はどのくらいになるのかによってもシミュレーション結果は違ってきます。

返済期間によっても購入出来る物件価格は違ってきます。35年が最長の返済期間ですが、この間には子供の学費などもかかりますしライフスタイルも大きく変化するでしょう。

住宅購入をシミュレーションしてみて毎月の返済額が分かってくれば、より具体的に住宅ローンの借入可能額も分かってきます。無理のないローンの範囲を探りながら、マイホームを実現していきましょう。

マイホームをより現実に近づけるためには、住宅ローンや毎月の返済額を実際にシミュレーションしてみましょう。実際にシミュレーションしてみることで具体的な金額がわかり、無理のない返済プランを立てることが出来ます。

-家購入

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.