Sponsored Link

家購入

頭金なしから始める家の購入は危険なのは本当なの?

投稿日:

Sponsored Link

こんにちは、セリユキコです。

今回は家購入にあたって悩ましいお金の話です。

ひと昔前までは、頭金なしでは家の購入は出来ませんでした。
しかし今は頭金なしでも家の購入は可能で、年々頭金なしで家を購入する人も増えています。

自己資金なしでもマイホームが持てる時代になったのですが、頭金なしで購入するのは危険とも言われています。

ひと昔前までは家を購入するなら頭金が必須で、頭金が準備できなければマイホームは持てませんでした。

物件価格の2割から3割ほどの頭金を用意しなければ、銀行が住宅ローンの融資をしてくれなかったからです。

しかも金利も高く、変動金利で3%から4%、バブル時期には金利が8%になったこともあります。

そのように厳しい条件だったので、少しでも借入金を減らすためにも頭金が必要でした。

 

しかし最近は金利も随分低くなり、頭金なしでも住宅ローンを組むことが出来ます。

ある調査では、頭金なしや1割未満の頭金で住宅ローンを組んで家を購入した人が3割以上もいると言われています。

また通常は住宅ローンに含まれない、保証料などの諸費用分も住宅ローンに組み込んでくれる金融機関もあります。

自己資金なしでもマイホームが持てるのは一見とても良いことです。

金利も低くなっているので、返済期間を長くして月々の負担も減らして無理なく返済も出来ます。

以前よりもより多くの人にマイホームを持てる可能性が広がっています。

理想的な家や土地が見つかった時に、頭金がなくてもすぐに手に入れられるのはとても良いことです。

しかしその反面、リスクがあることも忘れてはいけません。

頭金なしで35年の住宅ローンを組み、そのまま完済して退職後もずっとその家に住み続ければ何も問題はありません。

資産として子供に譲ることも出来るでしょう。
しかし、なにかしらの原因で売却することになる可能性もあるでしょう。

ローンの返済が難しくなったり、どうしても引越しが必要になることもあるでしょう。

その場合、家を売って残りの返済に充てればよいと考える人もいるでしょうが、あまり期待しない方が良いです。

家自体の価値は20年ほどでゼロになると言われており、10年で新築時の6割にまで価値が下がります。

土地を売ることが出来ても、そのために家の取り壊しのために費用がかかるケースもあります。

もしも将来的に家を手放す可能性があるのなら、35年ローンにした場合、家もなくなりローン返済だけが残ってしまう可能性があります。

やはり頭金なしは危険で、1割から2割ほどは準備しておいた方が安心でしょう。
頭金なしでも家を購入出来る時代ですが、長くローンを組むことはリスクもあります。

20年ローンでも完済出来るなら問題もありませんが、そうでないなら頭金なしのリスクは高いでしょう。

-家購入

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.