Sponsored Link

家購入

リノベーションで用意したい費用は?新築よりもお得なのか

更新日:

Sponsored Link

こんにちは、ゆっこるです。

久しぶりのお家記事の投稿です。

家の購入を検討している方の中には中古物件を購入して、自分で自由に住まいをオーダーメイド出来るリノベーションを検討している人も多いでしょう。

オーダーメイドだけにどのくらいの費用がかかるのか不安でもあります。
リノベーションをするならどのくらいの費用が必要なのか、新築と比べてどちらがお得なのか調べてみました。

新築の一戸建てを購入するなら物件価格もある程度把握出来ますが、リノベーションでかかる費用は千差万別です。
物件の劣化具合によって、どこまで手を加えるかで費用もかなり違ってきます。

中古の一戸建てで老朽化が進んでいて、柱や梁の入れ替えから電気設備や給排水設備まで手を加えることになればかなり高額な費用がかかるでしょう。

中古マンションなら専有部のみのリノベーションとなるので費用も出しやすいですが、それでもどこまで手を加えるかで費用は大きく違ってきます。

具体的にリノベーションにおける費用を知りたい場合、リノベーション会社に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

どのような住まいにしたいのか理想を伝えて、その上でどのくらいの費用がかかるのか見積もりを出してもらうのです。
フローリングの素材一つとっても化粧板と無垢材では値段もかなり違いますから、選ぶ素材や商品によりリノベーション費用も変わってきます。

しかしそれでも大まかな相場を知りたいものです。
過去の事例から見てみるとマンションの場合は700万円から1000万円ほど、一戸建てなら1000万円から1500万円の費用をかける人が多いです。

リノベーションで理想の住まいを実現するか、それとも新築かで悩む人も多いですがどちらがお得なのでしょう。

新築の一戸建てなら、土地代と住宅の工事費、仲介手数料などがかかります。

中古物件を購入してリノベーションするなら、土地代に中古物件の費用、そしてリノベーション費用と仲介手数料などがかかります。

土地代などは同じですから、新築の住宅の工事費や材料費などと比べれば、やはり中古にリノベーションをした方が値段は安いです。

マンションでも同様に、中古物件にリノベーションをした方が費用を抑えることが出来るでしょう。

リノベーションなら、注文住宅ほど費用をかけずに内装や間取りなども自由に出来ます。
費用もお得で好きにできますが、やはり中古物件だけに耐震構造や断熱性能などの建物の性能が不安です。

しっかりとした構造の中古物件を探すことが出来れば、リノベーションの方がおすすめと言えそうです。

リノベーションにかかる費用は人によってさまざまですが、新築と比べればお得になるケースがほとんどです。

ただし中古物件には耐震や耐久性に不安が残ることも知っておきましょう。

-家購入

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.