Sponsored Link

家購入

中古の家を購入した時の住宅ローン控除には築年数の条件がある?

更新日:

Sponsored Link

こんにちは、ゆっこるです。
今日は住宅ローン控除について!

住宅ローンの負担を軽くしてくれる住宅ローン控除は、家を購入する人にとってぜひ知っておきたい制度です。

新築だけでなく、中古の家を購入しても住宅ローン控除は適用されることを知らない人も多いようです。

ただし、築年数などの条件がありますので詳しくご紹介します。

最近は新築よりもリーズナブルな中古の家を購入する人も増えています。

お得な中古物件を購入して、自由にリノベーションしようと考えている人も多いでしょう。

魅力はやはり価格が安いことですが、その代わり優遇制度は受けられないと思い込んでいる人も多いです。

実は中古物件でも、住宅ローン控除を受けることが可能です。

また自宅のリフォームをした場合でも、一定の条件を満たしていれば受けることが出来ます。

新築でも中古でも同じように購入価格やリフォームにかかる費用を対象にした優遇制度が設けられているので、ぜひ活用したいところです。

適用されるためには、新築でも中古でも一定の条件を満たす必要があります。

新築でも中古でも共通の条件があり、中古物件にはさらに条件がプラスされています。

新築中古どちらも満たさなければいけない条件は、自らが住む家であることや、完成してから半年以内に住みその年の12月31日まで継続的に住んでいることです。

他に床面積が50平米以上あることや、住宅ローンの返済期間が10年以上であること、さらに控除を受ける人の年収が3000万円以下であることです。

中古物件の場合には、さらに耐久年数の制限かもしくは一定の耐震基準をクリアしていることが条件となっています。

具体的には、鉄筋コンクリート造などの耐火建築物の場合は築25年以内であること、木造建築などの耐火建築物以外の場合は築20年以内であることです。

この条件を満たしていなくても、耐震基準適合証明書や耐震等級1以上のいずれかを取得したりと一定の耐震基準をクリアしていれば住宅ローン控除の対象となります。

耐震基準適合証明書や耐震等級1以上を取得する以外に、中古物件の検査と保障がセットになった既存住宅売買瑕疵保険に加入するという方法もあります。

中古の家を購入した時にも、築年数や耐震基準を確認すれば住宅ローン控除の対象になるかもしれません。

 

鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の場合は築年数が25年以内、木造建築は20年以内であることが条件です。

条件が満たされていれば確定申告をして控除を受けましょう。

https://ichiyukimama.com/2018/08/17/子どもができて考えるライフプラン【家購入編】-7/

-家購入

Copyright© 家を購入したい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.