【家購入】新築と中古どちらがいい?

その他の記事

家を購入する時、新築と中古どっちがオススメなの?

更新日:

Sponsored Link

子供ができてから考える家購入、これまで20の家を見てきて未だに購入に至っていないゆっこるです。

持ち家を購入するなら新築が良いのかそれとも中古が良いのか、一戸建てを購入しようと検討している人には大きな悩みとなるでしょう。

どちらにもメリットやデメリットがありますから、どちらも把握した上で最適な方を選ぶことが大切です。

今回は家を買うなら新築か中古か、一戸建てとマンションの場合にわけてどっちがいいのか考えてみます!

この記事はこんな人におすすめ

  • 家を買うなら新築と中古どちらがいいのか知りたい
  • 家を新築で買うメリットデメリットが知りたい
  • 家を中古で買うメリットデメリットが知りたい

 

一戸建ての場合、購入は新築と中古どっちがいい?

一戸建ては新築と中古どっち

まず戸建て、一軒家を買う場合に新築にするか中古にするかはかかってくるお金が大きく変わってきます。

というのも、新築の物件には大きな広告費をかけて販売をしているからです。

一方中古は築20年を超えると建物の価値が大きく下がります。

つまり、築20年以上の中古物件は建物の価格はほぼゼロで、土地代だけということになります。

新築に比べてその分安く購入できるということです。

しかし、家というのは買ったらそれで終わりと言うことではありません。

住んでいるうちに水回りが古くなって水漏れしたり、外壁がボロボロになったりします。

そういった家の傷んだところに対して直していく必要が出てきます。

メンテナンスが必要になるんですね。

そのメンテナンスに大体10年で100万前後かかると言われています。

中古は新築に比べて安く手に入れることができますが、メンテナンスにかかる費用が高くつくことがあるということですね。

そういったことも考えて新築にするのか、中古にするのかしっかりと検討したいですね。

 

マンションを買う場合、新築と中古はどっちがいい?

マンションの新築と中古は月々の支払額に注目

一軒家とマンションを買う上で大きく違うのは月々の管理費、修繕積立金です。

マンションも建物ですから、年月の経過にともない、建物のメンテナンスが必要になります。

マンションの場合は入居すると最初から修繕積立金として、マンションを直すためのお金を積み立てることが多いです。

新築か中古でここのお金がかかることに変わりはありません。

しかし、マンションの場合は中古の方が月々の修繕積立金は高く設定されていることが多いです。

築年数が大きくなればなるほど、メンテナンスにかかる費用は大きくなりがちなので、住んでいるうちに修繕積立金が値上がりすることがよくあるのです。

逆に新築のマンションの場合はとにかくすべての部屋を売るために、初期費用を少なく見せて売ることもあります。

修繕積立金を入居してから一定期間安く抑えるようにキャンペーンをするところも多いです。

マンションの場合は家を買うためにかかるお金に加えて、月々払うお金も大きくなりがちなのでしっかりとシュミレーションをしてから購入したいですね。

Sponsored Link

中古でリフォームした家と新築はどっちがいい?

中古でリフォームした物件と新築物件はどっち

中古物件でも、外見は古くても中をキレイにリフォームしているものもあります。

一戸建てでもマンションでも、中古物件はリフォームしているものが多いですね。

家の外観も気になるところですが、家は中で過ごすものです。

そのため、中がキレイにリフォームされていれば中古でも構わないという人もいるでしょう。

しかし、中がキレイになっていても、家の基礎となる部分がボロボロだったりすると結局購入してから大きなメンテナンスが必要になることもあります。

そうすると新築まで費用はかからなくても思っていたより高くついてしまうこともあるでしょう。

家の基礎の部分などは普通の人が内覧をしても良し悪しがわかりにくいです。

大きな買い物ですし、場合によっては死ぬまで過ごす場所にもなりうる家です。

不安であればお金を払ってでも専門家に見てもらいましょう。

 

リノベーションされた中古と新築はどっちがいい?

中古リノベーションは新築よりお金がかかってくる可能性がある

リフォームとは違い、中古物件をリノベーションするという方法もあります。

リフォームは見た目をキレイに整えることに対して、リノベーションは間取りなどそもそもの作りを変えてしまうことです。

実はわたしも一戸建てで気にいる物件に出会えなかったのでリノベーションを考えていた時期があります。

リノベーションの利点はマンションなどで希望の駅周辺に新築物件が出てこない場合に特にメリットがあります。

希望の場所で、希望の広さの場所に今の流行りを取り入れた間取りに作り替えることができるのです。

例えば15年前に建てられた物件では家の広さに対してリビングを広く取るという考えはあまりありませんでした。

しかし、ここ2〜3年では「リビ充」という考え方がとても人気です。

個々の部屋は小さくして、家族みんなで過ごすリビングを広くしようという考え方ですね。

自分が希望する場所に新築物件が出てこない場合、中古物件を買ってリノベーションをするという考え方も大いにありです。

しかし、金銭面で言うとリノベーションの費用は70〜80平米で1000万を超えてきます。

床暖房を入れたいとか、キッチンの位置を変えたいとかリノベーションの内容で価格は前後しますが、それなりにお金がかかると言うことです。

場合によっては新築で家を購入するよりも高くつくこともあります。

また、物件によってはリノベーションできない場合もあります。

このあたりはリノベーションを専門にやっているところに相談に行って物件を一緒に見てもらう必要があると言うことですね。

本当に中古物件でいいのか、リノベーションする方がいいのか、しっかり検討したいですね。

 

新築と中古はどっちがお得なのか、メリットデメリットをしっかり考えよう

新築と中古を一戸建てとマンション、そしてリフォーム、リノベーションする場合で比較してきました。

新築も中古もそれぞれメリットデメリットがあります。

新築のメリット

  • 全てが新しいので、気持ちよく新生活を始められる
  • すぐに修繕する必要がない

新築の醍醐味はなんといっても、真新しい家に住めるというところでしょう。

新築の注文住宅であれば自分で考え、こだわり抜いた家になりますよね。

すでに完成している物件、建売であっても新築であれば購入時期によっては壁の色が選べたりと、自分好みに仕上げることもできます。

やはり新しい家に住めるというのはいいものです。

もちろん、新しいので中古に比べてすぐに修繕が必要になるという心配もありません。

新築のデメリット

  • 割高である

一方で、新築は相場よりも割高なものが多いです。

特に一戸建ては割高ですね。

一般の市場に相場より安いものが出てくることはまずないでしょう。

また、新築は購入してからもしもすぐに売らなければならなくなった時、かなり値下げしないと売れないこともあるために割高だと言われています。

これは一戸建てでもマンションでも新築物件では売るために高額な広告コストをかけていますし、営業マンなどの人件費も必要です。

高額な販売コストをかけているので、どうしても新築は割高になってしまいます。

住み始めてすぐに転勤になってしまったり、手放さなくてはならなくなった時のリスクがある方はよく考えたほうがいいですね。

 

中古のメリット

  • 相場より安く買えることもある
  • リノベーション、リフォームをすれば好きな立地に買うことが可能になる

反対に中古物件は価格が安いことが一番のメリットでしょう。

しかし建物は築年数とともにその価値が下がっていきます。

減価償却と言われるもので、年々ほぼ一定の割合で建物自体の価値が下がっていきます。
ですから中古物件は築年数が古いほどに価格が安いのです。

20年から30年ほどで建物自体の価値はゼロになります。

つまり築年数が20年以上の中古物件は、ほぼ建物自体の価値はなくなっており土地だけの値段ということです。

中古物件の方が断然お得なようにも感じますが、そもそも価値がないのはどうしてなのかを考える必要があります。

少しでも価値があるなら値段も付くはずですが、減価償却によりその価値がゼロになった20年以上の建物は、それ相応のリスクがあります。

中古のデメリット

  • 想像した以上に老朽化している場合がある

割安な中古物件を購入してリフォームすれば良いと考える人も多いですが、長い間他人が住んでいた家にはニオイなどがありこれを不快に感じる人もいるでしょう。

また、リフォームしてどんなに見た目はキレイでも建物や排水管などは老朽化しています。

割安なことが魅力の中古ですが、このように目には見えないリスクがいろいろとあります。

しかし、新築は割高で中古は割安なことも事実ですから中古の方が良いという人も多いでしょう。

中古を買うならやはり新しいものほど耐震性も高くおすすめで、2000年にはそれまで無法状態だった基礎構造の検査体制が整備されているので安心です。

一生の買い物となるマイホームですから後で後悔しないよう、新築にするか中古にするか検討してみましょう。

割高だけど安心感のある新築か、割安だけどリスクがある中古にするか築年数なども見比べて検討してみて下さい。

 

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

-その他の記事

Copyright© 家を購入したい! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.